So-net無料ブログ作成

韓国なんて、無視無視・・・・

【ソウル=名村隆寛】29日付の韓国各紙は、安倍晋三首相が28日の施政方針演説で韓国との関係に言及しなかったことを「韓国パッシング(外し)」などと1面で報じた。朝鮮日報は、いわゆる元徴用工訴訟での「韓国最高裁による確定判決や、日本の哨戒機の威嚇飛行などをめぐり韓日関係が悪化の一途をたどるなか、意図的に言及を避けたとみられる」と指摘した。
 東亜日報は「悪化した韓日関係を改善する意志がまだないことがうかがえる」とする一方で、安倍首相はこれまでの施政方針演説で韓国の重要性に言及してきたが、「年ごとに表現は弱まった。今年は最初から、韓国から顔を背けるということだ」と伝えた。
 また、中央日報は「安倍、施政演説から韓国の部分をまるごと省いた」との見出しで「これまで韓国関連は安倍首相の演説で外交分野に欠かさず登場していたが、今回は近隣外交の対象として具体的に韓国には触れなかった」と報じた。
 過去の演説での「最も重要な隣国」「未来志向の協力関係」などとの表現が消えたことよりも、韓国各紙は安倍首相による韓国への言及自体がなくなったことに動揺を隠せない様子だ。




0a29a851477bdda1d953709310017fcb_600.jpg
コメント(0) 

昼寝は、極力避けよう・・・・

寒気のする風邪でも、昼間は出来るだけ、起きておこう・・・

夜、熟睡するほうが、良いと思う・・・・

当然外出禁止である・・・・・・外は寒い・・・・

今日、5日分の抗生物質を貰ったから、これで一安心・・・

12月・1月と、土曜出勤が多かったけど・・・2月からは普通に土日休める・・・

やっと、忙しい月を乗り切ったという感じ・・・

明日から、通常勤務が出来るだろう・・・・



8時間も一度に観れるか・・・・・
51TvSNIcBPL._SCLZZZZZZZ__SY500_SX500_.jpg
コメント(0) 

東京五輪に間に合わせなくては・・・・

広がるムスリム観光客への対応
 訪日外国人数が昨年、初めて3000万人を突破した。インバウンドのさらなる拡大を目指す日本にとって、訪日ムスリム(イスラム教徒)への対応は重要な課題の一つだ。ハラル(コーランで食べることを許された食材)以外にも礼拝用スペースの確保など、ムスリム観光客を意識した対応が全国に広がっている。
(社会部・石井孝秀、写真も)

駅・飲食店で礼拝室など新設
「おみやげ」も工夫の取り組みを

 ムスリムの多い東南アジアからの観光客は年々増え続けている。日本政府観光局によると、2017年の訪日観光客数はインドネシアが前年比30%増の約35万人、マレーシアは前年比11・5%増の約44万人だった。18年の観光客数はさらに増える見込みだ。


中略

 現在のムスリム観光客の状況について、インドネシアから年間約2000人のツアー客を受け入れている旅行会社「賀矢インターナショナル」(東京都中央区)のリリス・アリワティ社長は「一日のうちにどこかでモスクに行きたい。ただ、どうしてもスケジュールに合わないのでバスの中で祈ったり、レストランで誰もいない部屋を使わせてもらっていた」と説明する。

 モスクは都内でも渋谷区や台東区など限られた場所にしかないが、全国的には空港やショッピングセンターなどで礼拝施設の新設が進められている。東京駅では17年6月から丸の内北口に「祈祷室」がオープンし、1日約30人、年間1万人以上が使用しているという。

ファイル名
店内に設置された礼拝室=2018年11月26日、東京都台東区の和食折紙浅草

 昨年7月末に開店したばかりの和食レストラン「和食折紙浅草」(東京都台東区、運営・藤田観光)でも礼拝室を設置。部屋の壁にはコーランの一節が掲げられ、部屋の隅にはウドゥ(祈りの前に手足を清める洗い場)が備えられている。

 また、外国語対応を含め、訪れたムスリム観光客が安心感を持ってもらえるよう、スタッフの約3分の1はムスリムを採用。中にはムスリムの女性が頭に被るスカーフ「ヒジャブ」を付けたスタッフもいる。




アマゾンで210円で購入・・・・・・
91hm-SalGgL._SL1500_.jpg

コメント(0) 

韓国も、日本の強さを認めたか・・・・

日本代表は28日のアジアカップ・準決勝でイラン代表を3-0で撃破。決勝進出を決めた。“アジア最強”と目されたイラン相手の快勝に、韓国メディアも称賛の言葉を送った。
日本とイランの一戦は、アジアの強豪同士の戦いらしく、スタートから締まった展開に。前半をスコアレスで折り返すと、後半に南野拓実のクロスから大迫勇也が頭で決めて日本が先制。直後にも南野がPA内で相手のハンドを誘い、PKを獲得。再び大迫が決めて追加点を奪取した。終了間際には原口元気がダメ押し弾を奪って勝負あり。強敵イランを物ともせず、ファイナル行きの切符を手にした。
韓国の『スポーツソウル』は「日本が最強の優勝候補を軽く超えた」と言及。「これまでの戦いぶりからして、日本はイラン戦でも苦戦するように見えた」としながらも、「最終的に再び優勝に挑戦することになった」と続けた。
イラン戦勝利の理由について同メディアは「イラン戦でも主導権はなかったが、素早い逆襲でゴールを奪った。3ゴールすべてが特有のパスを通じた展開ではなく、テンポの速いカウンターから始まった。一方で守備ではトーナメントの3試合では1ゴールも与えなかった」と分析。
その上で「幅広いローテーションが勝利の原動力になった」と、森保一監督の選手起用についても言及。「大会を通じて、様々な選手を活用している。GKまで変更するほど積極的なローテーションを試みた。選手たちの体力を考慮しながらトーナメントに合わせて競技力を引き上げるという構想だった」と、的確なチームマネジメントを評価した。
「トーナメントに入っても森保監督は、守備ラインを固定しながらも、攻撃側で変化を与えた。準々決勝のベトナム戦で後半に入った大迫勇也は、イラン戦に先発で出場し、2ゴールを決めた。柔軟な選手起用が生んだ勝利と見てもよい」
「元々日本は短いパスを介して前進するスタイルにこだわっていた。しかし、今回のアジアカップでは、守備からスピードのあるカウンターを試みたり、セットプレー、ロングボールを適切に活用している」
イラン戦の勝利で「日本の最強の姿を再確認した」。アジアカップで「日本は過去7回の大会で4回も優勝を締めている。1992年に最初のチャンピオンになった後、アジアカップで最も強いチームとして君臨している」ことを強調し、「5度目の優勝を達成すれば、圧倒的な記録をたてることになる。決勝ではUAEとカタールの勝者と戦うが、最も強力な優勝候補を超えただけに、優勝の可能性は十分だ」と、5度目の戴冠は視界良好という見方を示している。





BBSSyNd.jpg
コメント(0) 

北朝鮮も、本音はどこにあるか、分からない・・・

1月18日、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩委員長が2月下旬に2回目の首脳会談を行うことが発表された。
「トランプ氏は昨年末、国務省の反対を押し切り、正恩氏にクリスマスカードを送りました。正恩氏も『首脳会談をやりたい』と親書を返し、トランプ氏が『2月第3週にベトナムでやろう』と親書を送ったといいます。訪米した金英哲党副委員長が今回、会談を受け入れる正恩氏の親書を手渡したことで、正式に合意しました」(米政府関係者)
 北朝鮮は金正日氏の誕生日、2月16日に祝賀行事を開催予定。一方、3月初めには米韓合同軍事演習が実施されるため「間を取った」(同前)という。ベトナムは北朝鮮の友好国だが、金正男氏殺害犯がベトナム人だったことで関係が冷え込んでいた。ただ最近「北朝鮮側が非公式に謝罪した」(同前)とされる。
「トランプ氏にとって、米朝会談は数少ない“成果”。北朝鮮がミサイル発射を自粛し、『米国は安全になった』と自賛しています」(同前)
正恩氏とは「恋に落ちた」

一方、韓国との関係は……
 正恩氏とは「恋に落ちた」と語るトランプ氏。対照的に“離婚”も視野に入れるのが安全保障上のパートナーでもある韓国の文在寅大統領だ。
「文氏は1月22日からのダボス会議でトランプ氏と会談しようとしていましたが、米国の政府機関閉鎖でトランプ氏は不在。目論見が外れました」(ソウル特派員)
 現在、米韓間で溝となっているのが、在韓米軍の思いやり予算を巡る議論。トランプ氏は増額を求めてきたが、昨年12月31日、防衛費分担を取り決める協定の期限が切れる異例の事態となった。
「米国の官僚は混乱を避けるため、トランプ氏の耳に入れないようにしてきましたが、痺れを切らしたトランプ氏が『在韓米軍縮小』を口にするのは時間の問題です」(同前)
 実は今、韓国では大統領専用機まで米国からノーを突きつけられている。昨年9月の南北会談の際に平壌入りしたため、入国できないのだ。
「トランプ氏は北朝鮮を訪問した飛行機は180日間、入国できないという独自制裁を設けました。文氏はアルゼンチンでのG20の時も当初予定のロサンゼルスではなく、チェコ経由で現地入りせざるを得なかった」(同前)
 恋のトランプゲーム。ハートのエースは正恩氏に?
(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年1月31日号)



AAxkt8q.jpg
コメント(0) 

若いのに、今回のプレーは素晴らしかった・・・

20歳冨安に称賛の嵐「スーパープレーの連続」「規格外」「プレーが良すぎて」
1/29(火) 3:59配信


規格外のパフォーマンスを見せたDF冨安健洋(Kaoru WATANABE/GEKISAKA)
[1.28 アジア杯準決勝 日本3-0イラン アルアイン]

 20歳のセンターバックに対する称賛が止まらなかった。イランのFWサルダル・アズムン(ルビン・カザン)を目がけたロングボールをことごとく跳ね返し、鬼神のごとく最終ラインの壁となった日本代表DF冨安健洋(シントトロイデン)。DF長友佑都は「冨安は素晴らしかった。20歳で、あの20番(アズムン)を相手に。スーパープレーの連続だった」と絶賛した。

「規格外ですよね。緊張感の中であの落ち着き。もう親心ですけど、これからビッグクラブに行って成長してほしいなと思います」。32歳のサイドバックはちょうどひと回り年下のセンターバックを褒めちぎった。

 長友だけではない。ゴールを守るGK権田修一は冨安の今大会の成長ぶりをどう思うか聞かれ、「プレーが良すぎて、成長しているのか、元からできるのか分からない」と苦笑い。「こんなに信頼していいのかというぐらい素晴らしいプレーをしてくれている」。そう感嘆の声を挙げ、「間違いなく頼もしい選手が2枚前にいる。若い選手というより頼もしいセンターバックだなと」と最大級の賛辞を送った。

 冨安とセンターバックを組むDF吉田麻也は「難しいボールの処理がうまいし、そつなくプレーできる。センターバックとして経験を重ねないとできないようなことが20歳でできているのがすごい」と、その落ち着きぶりを称える。それでもあえて慎重に、言葉を選ぶように話したのは、同じセンターバックとして自分自身、酸いも甘いも嚙み分ける経験をしてきたからか。

「彼だけでなく、(三浦)弦太とか植田(直通)もそうだけど、(彼らにとって自分が)越えなくてはならないハードルを高く設定できるように、残り短いキャリアで頑張りたい」。冗談とも本気ともつかない表情を見せた30歳のキャプテンは、自身を脅かすほどの若手の台頭に刺激さえも受けている様子だった。





GettyImages-663868856-800x533.jpg



コメント(0) 

風邪で、バイト休んじゃった・・・・

医者に行ったよ1900円・・・・昨夜のdvd収入1730円が吹っ飛んだ・・・・残額2230円

もう、今月は、大変ですわ・・・

でも、美人主任スタッフには、やっぱり伝わっていた・・・・今朝、出社した時、
すごく優しかったもん・・・・作戦成功・・・・

後は、買取王子の連絡待ちです・・・・・





スクリーンショット-2018-07-10-14.58.46.png
コメント(0) 

米韓関係は、一層悪化・・・・・

負担増めぐり交渉難航=トランプ氏意向に韓国反発-米軍駐留費
1/28(月) 7:11配信


トランプ米大統領(右)と韓国の文在寅大統領=2018年11月、ブエノスアイレス(EPA時事)
 【ソウル時事】2019年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担をめぐる米韓交渉が難航している。

【地球コラム】トランプ大統領「辞任の日」~任期3年目は試練の年~

 「米国第一」を掲げるトランプ米大統領が韓国に大幅増額を求め、文在寅政権が反発しているためだ。来年にも始まる見通しの2021年度以降の在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)を決める日米交渉にも影響を及ぼす可能性がある。

 「トランプ大統領が条件や金額など具体的な話をしたことは一度もない」。文大統領は25日、トランプ氏が昨年11月にアルゼンチンで文氏と会談した際、具体的金額に言及して負担増を迫ったとする一部報道を強く否定した。文氏が報道に直接反論するのは異例で、韓国政府が神経をとがらせている様子がうかがえる。

 在韓米軍の駐留経費負担に関する米韓交渉は昨年3月に始まり、これまで協議が10回開かれた。12月のソウルでの協議を最後に交渉は越年し、負担額を定めた協定締結のめどは立っていない。

 米韓メディアによると、米側は当初、現在の韓国側負担の2倍近い年16億ドル(1750億円)を要求したが、反発を受けて12億ドルに減額した。昨年末にはハリス駐韓米大使が鄭義溶国家安保室長と非公開で会談。韓国紙・東亜日報によれば、ハリス氏は最低でも10億ドル(1兆1300億ウォン)を求め、鄭氏は拒否したという。

 米側はさらに、5年ごとだった交渉時期を1年ごとにするよう要求。韓国側は「3~5年」の線でまとめたい考えだ。韓国では米側の要求について、トランプ氏の意向が強く反映されているとする見方が根強い。

 韓国政府は昨年、駐留経費全体の約半分を占める約9600億ウォンを拠出。また、昨年6月の在韓米軍司令部の移転に当たり、総費用約110億ドルの9割を負担した。

 韓国側は、駐留経費負担の大幅増は国民の反発を招くとして、1兆ウォン未満に抑えたい方針だ。ただ、交渉がまとまらなければ、4月中旬以降、在韓米軍で働く韓国人約1万2000人の7割超が無給での休職に追い込まれる可能性も出ている。 





20180327-052507669.jpg

コメント(0) 

全員一丸の勝利だ・・・・・・

◆アジア杯 ▽準決勝 日本3―0イラン(28日、UAE・アルアイン)
 日本代表はイランに3―0で勝利し、決勝進出を決めた。
 試合終盤、イランFWアズムンがMF柴崎の顔をはたいたシーンをきっかけに、両選手達が入り乱れて一触即発の状態に。DF吉田は「初めてキャプテンらしいことをした」と笑い、日本の選手がレッドカードをもらわないように必死で矢面に立ったことを明かした。DF長友やMF南野ら、熱くなった選手もいたが「こちらがレッドカードをもらうことだけは阻止したかった」と体を張って間に入り仲裁役に。結果、日本の選手はカードをもらうことなく、決勝に挑めることになった。





無題kiuy.png




コメント(0) 

やっぱり、半端無いって大迫・・・・・

森保ジャパン、エース大迫の2発と原口弾で決勝へ! イランとの大一番を制してアジア王者奪還に王手
1/29(火) 0:51配信


2ゴールを挙げた大迫勇也(C)Getty Images
日本代表は28日、アジアカップ2019準決勝でイラン代表と対戦し、3-0で勝利した。この結果、日本は優勝した2011年大会以来、2大会ぶりの決勝進出を決めた。

“アジアンビューティー”は見逃せない!アジア杯を彩る美女サポは要チェック【36枚(1/29更新)】

2大会ぶり5度目の戴冠へ邁進する日本が、FIFAランキングでアジア最上位の29位に位置するイランと対戦。日本を率いる森保一監督は、1-0で勝利した準々決勝のサウジアラビア戦から北川航也に代えて負傷明けの大迫勇也を1トップで起用する1点を変更した。

先にチャンスを迎えたのは日本で17分、柴崎の左CKからファーサイドの吉田麻也がヘディング。このシュートは枠を捉えることができない。さらに19分には右サイドを崩すと、最後はボックス左の堂安律が左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の右にはずれた。

逆に22分には日本がピンチを迎える。ボックス右に進入してきたアズムンに柴崎が交わされてシュートに持ち込まれる。枠の右を捉えた決定的なシュートだったが、これはGK権田修一が左足一本のビッグセーブを披露し、得点を許さない。

ハーフタイムにかけては攻撃の色を強めたイランがフィジカルに強さを全面に押し出してくるが、身体を張った守備と集中を維持した日本が得点を許さず、0-0のまま前半を終えた。

迎えた後半、日本は56分に試合の均衡を崩す。柴崎の縦へのボールをさばいた大迫のパスに南野が反応。ボックス左で仕掛けた南野は相手との接触で倒れるも、ノーファウルに。イラン選手陣が主審にシミュレーションを主張する中、インプレーとなっていたことを見逃さなかった南野がすぐさま立ち上がって左サイドでクロス。中央でフリーとなっていた大迫がヘディングシュートを叩きこみ、相手の隙を突いた日本が先行した。

先制した日本だが、直後には負傷した遠藤航がプレー続行不可能となり、ストレッチャーに乗せられてピッチを後に。森保監督は代わりに塩谷司を送り出す。61分にはジャハンバフシュに直接FKを枠に飛ばされたが、ここもGK権田がファインセーブでゴールを死守する。

すると日本は64分、ボックス左で仕掛けた南野のクロスにDFプーラリガンジの手が当たる。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での判定の結果、日本にPKが与えられる。このPKを大迫が冷静にゴール右に決めて、日本がスコアを2-0とした。

その後、リスクを冒して攻めてきたイランに苦しむも、最後まで気迫の守備でゴールを許さず、アディショナルタイムにはボックス左に進入した原口元気がダメ押しの3点目を奪取。日本はそのままシャットアウトし、完勝した。一方、43年ぶりの決勝進出を狙ったイランは2012年11月のブラジル・ワールドカップ最終予選ウズベキスタン代表戦以降、アジア勢に39試合無敗だったが、見事に森保ジャパンが土をつけた。

アジア王者奪還に王手をかけた日本は、2月1日に行われる決勝でカタール代表vs UAE代表の勝者と優勝を懸けて戦う。

■試合結果
イラン代表 0-3 日本代表

■得点者
イラン:なし
日本:大迫勇也(56分、67分)、原口元気(90+1分)
Goal






0000020190110_yuya.jpg
コメント(0)