So-net無料ブログ作成

私は、お婆ちゃんっ子だった・・・・

もう、相当昔の話・・・・・・55年前くらいかなぁ・・・・・

小学校に上がる前の話・・・・近所に、宗派は忘れたが、お釈迦様のマンガ本を持って
祖母を訪ねて来る、近所仲間のあ婆さんがいて、私は、幼少の頃、そのマンガが大好きで
よく、読んでいた記憶がある・・・

その方の娘さんが、知的障がい者だったらしくて、信仰の道に入ったと聞いた・・・

やっぱり、何かないと、宗教にすがる気持ちにならないのは、昔も今も同じ・・・・

でも、私が、お釈迦様に接した、一番はじめの事だから、これも、縁ですかね・・・

母は、その頃、結核を患っていて、お婆ちゃんに預けられた様だったと聞いた・・・

私は、1つ布団で、お婆ちゃんと寝るとき、いつも考えることがあった・・・・
それは、祖父が亡くなった頃から・・・・・人間は、なぜ死ぬんだろう・・・
祖父は、どうなったの?火葬されて、無になっちゃったの?
無とは、どんな世界なの?

どうか、祖母・父・母が永遠に死なない様に・・・・・
毎夜毎夜・・・・願っていたことを覚えている・・・・

私は、明確には覚えていないのだが、幼稚園に上がる前、尼さんが経営する
保育園に通っていたらしい・・・・この時の記憶はほとんど、無い・・・
仏教と関係が有ったかどうかも、覚えていない・・・

でも、やっぱり、今から考えると、お釈迦様に縁があったのかなぁ・・・・

でも、近所のお寺さん(お坊さん)が法事で来ると・・・・

南無阿弥陀仏・・・・と、言ってたなぁ・・・・・

やっぱり、この言葉・・・・どこでも、この言葉・・・・・

高橋信次師の本を読むようになって、意味が分かったよ・・・・

南無・・・・・帰依する・信じて実行する
阿弥・・・・・アミー・古代インド語・・・・アーメンが変化した言葉・・・つまり、イエス・キリストの事・・・

阿弥・・・・・正確でありませんでした・・・・4500年前、アフリカで道を説いた大指導霊で        当時アーモンと呼ばれたファラオの事です。その後、エジプトで、アーメンと        呼ばれ、その後、アミーの神と呼ばれ、インド時代・釈迦の時代にバラモンの        神に変遷した人です。ですから、名前は似ていても、イエス様のアーメンとは        違いました。以下、キリスト教の神ではありませんでした。謹んで、お詫び申        し上げます。勉強不足でした。
陀仏・・・・・悟った人・・・・

なんだ?イエス・キリストという悟った人の説いた法を信じて実行する・・・・現代語訳
なんのこっちゃ・・・・日本人みんな、キリスト様の説いた法を信じて実行しますって、
何度も何度も、仏壇の前で言ってたのか・・・・・





m_takhasi.gif


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心の発見・・・・3部作・・・

これは、とても、面白い本だ・・・・

先ほど書いた、「過去世」の具体的な、話が沢山、紹介されている・・・・

心の原点は、本当に現代の「聖書」という位置づけで、難しいと思われる・・・・

でも、心の発見3部作は、平易にかかれた書である・・・・
ぜひ、お勧めしたい・・・・・

松下幸之助の過去世・・・・
「笑点」でお馴染みの、初代林家木久蔵との出会いの傑作な話・・・

本当に、面白い書なのである・・・・

私も、こちらの本を先に読んで、高橋信次師の事が好きになった部類である・・・
とても、お勧めの本である・・・・

私は、こうやって、縁ある皆様に、お伝えすることが、自分の使命と感じている・・・

だから、「正法広報」なのである・・・・




4120vJf95wL._SX307_BO1,204,203,200_.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

精神的疲れで、夕寝2時間・・・・

今夜は冷える・・・・外に、ごみ出し行ったら、肌に寒さが突き刺さった・・・・昨夜

は、夢テストで、昼のバイトで、居眠り・・・・最悪・・・

帰って来てから、猛烈な眠気で、疲れを解消した・・・・

これからは、また一段と信仰を深めねばならない・・・・

五木寛之氏の本に書かれてあったが、「他力本願」という言葉の説明が、今後は必要・・・

同じように、「過去世」という言葉も、説明が必要だろう・・・

この世が「今世」、死んだら、魂が、あの世に行くが、その時の身体は、「光子体」と
いう、身体に乗り換える・・これより、「来世」が始まる・・生まれる前、魂は?
やはり、「光子体」に乗っていた・・・・・それを、「前世」というが、魂は
科学の法則の循環の法と同じ、転生輪廻を繰り返している・・・・・
前世の前は?そう・・過去に生まれた魂が有る、これを、含め生まれる前の
すべての、魂の変遷を、「過去世」と呼ぶのだ・・・

キリスト教は、概ねそれを、認めていないが、スウェーデンボルグの語る世界では
明確に過去世が存在する・・・・

高橋信次師は、人は皆、過去世を何千回も繰り返してきて、「今世」があるという・・・
そう、魂は死なないのだ・・・
魂は、過去のすべての記憶を持ち合わせて存在して来ているが・・・「今世」に生まれた
瞬間、過去のすべての記憶が封印される・・・また、一から出直し・・・・なぜ?

それは、今世は、魂の修行の場であるからだ・・・でも、ほんのわずか、記憶が出てくるという・・・・それを頼って、また個々の魂は自分の記憶から、この世の使命を悟っていく・・・

こういうと、そんな馬鹿な話があるものか・・・と思われる人が多いが・・・・・
高橋信次師は、個人の過去世をすべて、読み取る能力を持っていた・・・・
本人が忘れていても、すべてを、明らかにする能力を持っていた・・・

高橋信次師と接点のあった、人はみな、それを聴かされ驚く・・・
そう、これが、転生輪廻の本質なのだ・・・・

接点のあった人たち、娘佳子氏、弟子の園頭広周師、中丸薫氏・・みんな驚く
それほど、高橋信次師の天眼力は、ずば抜けて、凄かったのである・・・・

だから、私も、高橋信次師を、もっと知りたい・・・・
もっと、高橋信次師の説いた神理を知りたい・・・・
きっと、今世では、お会いできなかったけど、過去世でお会いしていたに違いない・・・

だから、記憶の嗜好が、求める道を歩んでいく・・・生きていく
たぶん、ご縁があったのだ・・そう、思って一層信仰を深める・・・・
それが、私の今世の使命なのだ・・・・






m_m_0000000000000419nqUtyTfL__SX313_BO12C2042C2032C200_-1347d2Clbnky.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神仏の、夢テストに、失敗した・・・

私の信仰に対する夢テストであった。

見事に失敗し、無残な思いだけが残った・・・・・

私の信仰は、紙のように、薄っぺらなものだと知らされた・・・

よくよく、反省しなければ、ならない・・・・



他人の心を簡単に見抜いてしまう力があった高橋信次師・・・・同時に他人の夢を
簡単に操る力を持っていた高橋信次師・・・・
m_takhasi.gif
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国の、いう通りだと思うよ・・・・・

日本人が恨むべきは米国なのに、なぜ中国を恨むのか理解できない=中国メディア

中国メディアは、日本人に反中感情が根強いことが疑問に思えるとした。米国は原子爆弾を投下したうえ、日本軍への対応も残酷だったにも関わらず、日本は戦後米国に対して憎むどころか協力的な態度…
 中国では過去の歴史から反日感情が根強いが、米調査機関のピュー・リサーチ・センターが11月に発表した世論調査によると、中国に否定的な感情を持つ日本人が78%に達している。中国メディアの捜狐は13日、どうして日本は原爆を投下した米国ではなく、中国を嫌い、恨むのかと題する記事を掲載した。
 いうまでもなく、中国からすると日本は戦時中に中国を侵略した。記事は、「中国は日本を侵略したこともなく、何千年も心が広く優しい国だった」と主張、戦後の賠償も放棄した中国を恨むのはおかしいとしている。一方、日本は米国を恨む十分の理由があると記事は指摘。米国は原子爆弾を投下したうえ、日本軍への対応も残酷だったにも関わらず、日本は戦後米国に対して憎むどころか協力的な態度を示したことが納得いかないようだ。
 記事は、日本としては自国の利益のために戦後米国と協力するようになったと分析。敗戦国として政治的な地位もなく、軍事面ではより厳しい制限を与えられ、米国に保護を頼むほかなかったのだとしている。
 そして、米国を恨むどころか尊敬すらする態度は主に米国が「強者」だからだと主張。日本は「強いものに巻かれ弱いものをいじめる」習性があり、だからこそ「弱者」だと見下して中国を恨んできたのだろうと持論を展開した。
 この「日本は強いものを崇め弱いものに強く出る」というのは、中国でよく言われる主張だ。また、今でもことあるごとに歴史問題を取り上げ、テレビでは連日のように抗日ドラマを見て反日感情を育んでいる中国人にとって、日本が原爆を落とした米国を恨まないというのは理解できないことのようである。
 そもそも、日本人の多くが中国に否定的な見方をしているとはいえ「中国を恨んでいる」という人はほとんどいないのではないだろうか。いずれにしても、過去のことばかりに目をとめず、未来志向の関係を築いていく方がよっぽど建設的であるといえるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)





m_2fb195e42af503dfd4ed585d250158fb-679dd.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感